This Archive : 2005年10月

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLEACH DVD 特典資料。

2005
10/31
*Mon*
CATEGORY : アニメBLEACH
毎回何気に楽しみにしている設定資料集ですが今回は個人的にかなり嬉しかった。

日 番 谷 く ん 大 好 き だーーーーーー!!! 

・・・バカですいません。
最近のデフォルトが日番谷くんな今日この頃。
一旦呼ぶとその響きのかわいさ加減につい癖になりそうです。

それはおいておくとしても今回はキャラ数結構多めで見ててとても楽しかったです。
ちなみに掲載キャラは
石田・斬月・ギン・イヅル・藍染・雛森・日番谷・乱菊・剣八・やちる・マユリ・ネム

雛森の「弾け 飛梅!」がどういう風に作られてるかが時間軸込みで書かれていて
ちょっとドキドキしてみたり。
そういえば今回は斬魄刀の始解時の演出設定も結構載っててよかったかも。
こういうのってあまり目にする機会ないからなあ。
石田の矢の最終形態の生成方法とか日番谷の氷輪丸ができるまでとか etc...
こういうの見てるだけで結構楽しいです。
そうそう今回は雛森とイヅルの学院時代とかもあってちょっとうれしかった。
このときの二人って本当にかわいいな(雛森は今も十分かわいいですけど)
同様にギンや乱菊さんの子供の頃とかもあってかなり幸せになってみたり。
子ギンの笑顔は天使の笑顔に見えてならないです。
そして日番谷の流魂街時代とかかわいすぎ!!ホント目つき悪いなあ。
斬月の衣装や髪の設定見て、言われてみればそうかーって思いました。
確かに常に風になびいてるっけ。

前回も一護さんとか恋次とか花太郎とか etc... とても楽しませてもらったんですけど
今回は本当に楽しかった。
スタッフさんありがとうー!!!って叫びたい勢いです(笑)
スポンサーサイト

NARUTO

2005
10/30
*Sun*
今週は「NARUTO この後すぐ」がサスケだったおかげでちょっぴり幸せ 
うぉおう・・・やっぱり杉山ヴォイスは自分的に危険だよ 
こんなんだけですでに「今週見てよかった」とか思ってる時点で軽くヤバイよなあやっぱ 
ちなみにBLEACH効果で最近は雨竜のイメージが結構強くなってきてます
もちろんサスケとしての声を聞いたらどう聞いてもサスケに聞こえますけど 
(自分の中での杉山さんの声のイメージが サスケ>雨竜 みたいです)
というかとにかく杉山さんの声が聞ければ幸せだったりするあたり重症な気がする・・・
NARUTOのラジオCD、杉山さんが出てる回だけ買おうかなあマジで

ついでに簡単に感想でも。
今週は純粋に面白かったです
とにかくリーのデフォルメ具合がよかった!
むっちゃかわいい
そしてあの人間らしからぬ動きというか体の柔らかさというか
ちょっとやりすぎな気もしないでもなかったですけど
テンション的にはすごく面白かったので自分的には全然ありでした
自分リーさんはこういうノリのほうが好きなのでそういった意味では純粋に楽しかったな
ネジ関係もよかったです
カラシが命のカレー食べさせたらそれが原因で「チーン」とか、らしすぎて大笑いでした
しかも手はお祈りポーズで固定して意識失ってるとか兄さんさすがです(笑)

決着のつき方やラストは・・・個人的にはちょっと思うところがあったりしますが
子供向けアニメという意味では一応綺麗にまとまってたのかな・・・

BLEACH DVD 尸魂界潜入篇4

2005
10/29
*Sat*
CATEGORY : アニメBLEACH
表紙は剣八。
あいかわらずかっこいいですマジで。
裏の文章、今回は藍染さんかあ。
ホントぴったりだ。

今回は33話~36話まで。
内容的にはヒーローズ+藍染隊長殺害事件がメインになるのかなやっぱ。
あとは剣八と一護の顔合わせも。

ここらへんは展開的にもとても面白いと思います。
そして個人的には日番谷がかっこよすぎてテンションがおかしくなってます(苦笑)
登場シーンとか、雛森とイヅルの間に割って入るとか etc... ホント最高(>_<)!!!
藍染の一件および雛森・市丸・イヅルのやりとりは何回見てもやっぱりドキドキしてしまう。
あと剣八がかっこいい+やちるとのやりとりがとても楽しいです。

それにしてもこのOP、全然飽きないですというか見るたびに未だにドキドキしてしまう・・・。
本当に凄いなあ。
半年たって次のOPに変わったのに、未だにここまで好きな自分に軽く驚いてしまうくらい。
というかぶっちゃけてしまうとOP変わらないほうがよかったって思うくらい好きだったり(苦笑)
今のOPもいいとは思うんですけど、正直前のOPの方が好きかもなあやっぱり。
DVD見るとき絶対にOP飛ばさないもの。
そういえばこのあたりはEDも週変わりだから絶対見ます。
ちなみに今回は七番隊、五番隊、十番隊、一番隊。
個人的にはやっぱり十番隊EDが一押しかなあ。
日番谷は言うに及ばず乱菊さんの演出もとてもいい感じだと思います。
展開的に見たら五番隊が本編とリンクしてる感じがして◎かも。
雛森がとてもかわいい。そして日番谷達との冬の花火のシーン(だと思う)が大好きです。
日番谷って本当にマフラー似合うなあ。
七番隊は狛村がまだほとんど登場してないから押さえ気味な感じですけど
その代わり射場さんがとてもいい感じ。
一番隊はいろんな意味で豪華です見ててとても楽しかった。
そして冒頭に入る現世組のシーンも何気に毎回変わってるし微妙に繋がってたりして楽しいです。
・・・なんかOP&ED語りになってますね(苦笑)

BLEACH 55話

2005
10/26
*Wed*
CATEGORY : アニメBLEACH
今週のアニメの感想

先週のラストシーンをもう一回やるとかそれだけでドキドキしてしまいました。
一週間たったのに全然落ち着いてない自分って・・・(苦笑)

冒頭の一護さんと兄様のやり取りがとてもよかったです。
一護が相変わらずカッコよくてどうしようかと思った。

逃げているときの恋次とルキアのやり取りがとても好き。
一護の言葉も、恋次の言葉も、ルキアの想いも。
こういうところ本当に好きだな。

あとはやっぱり八番隊。
「ごめんよ七緒ちゃん」が本当によかった見ていてドキドキした。
この時の七緒ちゃんと春水さんがまとっている空気がすごく好きです。
八番隊のエピソードってなんでこんなにいいんだろう。
本当に大好きです。

そして山本総隊長の演出がとにかくすごかった。
カッコいいですよ総隊長!!
炎の演出とか純粋に「おおっ!」と思ってしまいました。

総隊長と浮竹&春水のやりとりはやっぱりいいなあ。
「ならば世界の正義とは何ですか」とか浮竹さんカッコよすぎです。
正義についての問答も色々と考えてしまうかな。
学院時代の二人のカットがとても好き。

次回予告素直に笑いました!

WJ 47号

2005
10/25
*Tue*
CATEGORY : 漫画
今回でNARUTOが連載六周年突破!おめでとう~!
というわけで今週はNARUTOが表紙&巻頭カラー!!
表紙のナルトとサクラがすごく好き☆いい顔してるなあ。

さて今週のジャンプの感想でも

BLEACH
200.
ルキアさすがにそれは無理だろう。でもそんなルキアが好きだ。
ベッドはやはり病室から運んだのかな。
冒頭の4ページを使ったグリムジョーの見せ方がかなり好き。
個人的にものすごくドキドキでした。久保先生こういうのホントうまいなあ。
一角と弓親ってなんでこんなに面白いんだ!真面目な顔して話題はおにぎりとか最高です。
仲良し織姫と乱菊さんがかわいい。
一護さんの近くにルキアが必要な理由って一護さんの探査能力の低さもあるのか。
真っ先にみんなの心配をするところとからしくて好きだな。
そういえば雨竜って今どうしてるんだろう・・・そろそろ出てきて欲しいなあと思ってみたり。
日番谷くんがかっこいい。
ものすごくかっこいい。
なのに同時にとても怖くなってしまうのはやっぱり前科があるからかしら。
グリムジョーは高みの見物ですか?それとも・・・。
来週はアランカル達と尸魂界側の死神陣との初戦闘か。
普通に考えたら少し怖い感じがしてしまうんですけど、どうなるのかな。

NARUTO
タイトル、ついに来ましたね。
やっとサスケの話を描いてくれるんだと思って素直に嬉しかったです。
そういえばもう一年になるんだよな・・・少し懐かしいです。
ナルト達が我愛羅達と別れるシーンがものすごくいい。ホントいい。こういうの大好きだ。
この時我愛羅が手を差し出してきたのはナルトにとっては本当に嬉しかったんだと思う。
我愛羅の砂がナルトの手をそっと動かした時とかなんて表情するんだろうって思った。
ナルトが我愛羅の想いを理解できるのと同じように我愛羅もナルトの想いが分かるんだろうな。
多分こういうのは理屈なんかじゃないんだと思う。
ナルトにとって我愛羅は特別な存在で、二人にしか共有できない何かは絶対にあるんだろうな
でもその上で、それとはまた違ったベクトルで、同じくらいの強くサクラやサスケのことを特別に思ってるといいなって思います(結局は自分が七班好きなだけですが)
それにしてもネジって本当に美人だなあ。
ガイ先生がカカシ先生おんぶって・・・おんぶって・・・!
とにかくナルト達の反応が最高でした。特にサクラ!この子のこういうとこホント好きだ。
リーさんとネジも面白かったです。こういうおバカなシーン大好き。
ほのぼの暁もいいなあ。
でも今週のデイダラはなんか別の漫画のキャラに見えてしまってそれにドキドキしてみたり。
そして木の葉ではまたなにやら一波乱ありそうな感じ。
今後の展開が楽しみです。

魔法律
幽李の「ホロウ」って言葉に無駄に反応してみたり(苦笑)
それにしても幽李ってなんとなくかわいくて好きだなー。
ムヒョって本当に強んだなって実感しました。
自分はロージーって結構好きで、好きだからこそ見ていて歯がゆくなってしまうときがある。
    なんでムヒョは・・・ 僕に何も教えてくれないんだろう・・・
とかもそう。
早く答えが見つかるといいな。
今週のナナちゃんはとてもいい感じでした。
あいちゃんと対話するとことかすごく好きです。
「おかえり」とかこのあたりちょっとじーんとしてしまった。
「煉獄の罪を~」とかムヒョのこういう優しさがとても好きです。
きっとさ。
今回の一件でも勝負とかそういうのはやっぱりちょっと違っていて
魔法律を使う本来の目的はもっと別のところにあるんだろうなって思ってみました。

BLEACH19巻の追記

2005
10/21
*Fri*
CATEGORY : 漫画
自分が一方的に敬愛しているサイト様の19巻の感想を読んで初めて気づいたんですけど、一護さんの月牙の色って白崎くんが使った後は彼から体を取り戻した後も色は黒のままだったんですね・・・。
こういうところにも白崎くんの影響が出ている感じがしてちょっとどうしようかと。
多分そういう目で見ていなかったから自分は気づかなかったんだろうな。
こういうの演出的には大好きなのですけどでも見ててやっぱり少し怖いです。
本誌の展開上もう少し前にこの事実を知っていたら相当凹んだんじゃないかなーって思いました。
やっぱり自分的には一護さんが悩んでると見ててつらくなってしまうので・・・。
確かに白崎くん関係ってとてもドキドキするのですけど同時につらくなってしまうときがあるので
このあたりって自分の中での扱いに困ってしまうときがあります。
まったくどうしましょう(苦笑)

BLEACH 54話

2005
10/19
*Wed*
CATEGORY : アニメBLEACH
今週のアニメの感想

今週のアニメは予想以上によかったのでびっくりしつつ本当に楽しませてもらいました。
特に後半部分がとてもよかったです。メリハリもきいてるし見せ方も大好きだ。
はっきりいって自分的にはこの時の一護さんが一番好きなのでそれもあって今週は大変でした。
見終わったあともずーっとドキドキしっぱなしです(笑)

やちるは本当にかわいいなー。この時のやちるは特に好きです。
浮竹隊長と京楽隊長にドキドキ 自分の隊の部下のためにここまでする浮竹さんが好きです。
言うまでもない感じですがこの二人ってとてもカッコいい人達だなと改めて思いました。
そして一護さんがなんか本当にすごかった。
風になびくマントとか双極の破壊×2とか
「二度目だな ・・・今度こそだ 助けに来たぜ ルキア」とか
「手伝ってくれた連中はみんな助け出して連れて行く」とか
「てめーの仕事だ!死んでも離すなよ!!」とか etc... 他にも色々っていうか全部!
なんか自分このまま死んでもいいかもしんない・・・(苦笑)
礼など言わぬぞがとても好き。
一護さんと恋次のやり取りが増えてて嬉しかったです。
彼らのこういう会話とても好きだ!仲良しさんだなー。
「受け取れ!!」のルキアと恋次がものすっごいかわいかった!!
なんていうかこの三人の絶妙な関係が大好きですホントかわいいな。

今週の次回予告、個人的に大好きです。
石田が生き生きしてる(笑)石田のこういうとこホントいいなあ。
自分的にはマントつけた一護さんって結構好き。
こういう格好とても似合うと思う(でもどう見ても高校生に見えないですけど)

WJ 46号

2005
10/18
*Tue*
CATEGORY : 漫画
最近寒くなってきました。
とりあえず朝夕はしょうがないとして昼間寒いのはもう少しなんとかならないのかと思ってしまいます。一応建物内でしかもパソコンもあれだけある場所にいるのになんであんなに寒いんだろう・・・。これはもう一枚上着もって行くしかないのかなあ。

さて今週のWJの感想です。

BLEACH
199.
ルキアがかわいい。呆れてる一護さんもすごくかわいい。この仲良しさんめ!
一心さんのはちゃけっぷりがとても楽しいのですけどでも本心が見えないから少しこわい、かな。
ちょっと前の「いーってらっさーい」の時も思ったのですけど、十番隊の二人の関係ってなんか本当にすごいなあ・・・。こんなことをさらっとやってくれる彼らに ものすごくどきどきしてしまう。
そして今週の話を読んでいてなんとなくハチミツとクローバーが浮かびました。
織姫に関してここまで直球を投げてくるとは想像してなかったので正直びっくり。
でも織姫はやっぱり素敵な女の子だと思う。
とてもきれいで真っ直ぐな子だと思った織姫のこういうところ好きだな。
乱菊姉さんは大人の女の人でこの人のこういうところには本当に憧れてしまう。
姉さんが織姫の家に来たのは彼女の様子が気になったのもあったんだろうな。
それにしてもその体勢はかなりきわどくないですか・・・?
ラストまた物騒なことになってますが、だ、大丈夫なのかな・・・(どきどき)
あそこでたつきちゃんと浅野くんを出してくるのはちょっと勘弁してほしいです。
来週の展開が怖くなってしまうよ。

NARUTO
結局ナルトもカンクロウもテマリも我愛羅のことが心配なんだよね。
そんな彼らが大好きですホントかわいいな。
我愛羅が里の人に好かれてることが伝わってくるシーンを見るのはとても嬉しい。
砂の女性陣をとおせんぼしてるテマリがかわいい。
いいなーこういうの大好きだ。
チヨバアをぎゅっと抱きしめるサクラにぐっときます。
この辺りの空気は、切なくてでも少し優しくて・・・そして色々と考えてしまいます。
うわー!デイダラ生きてたのか!!そうか分身か。さすが暁だなー。

魔法律
霊達の声は霊媒体質のナナちゃんだから聞こえたのかな。
五嶺に「よくやった」と言われたときのエビスの姿が印象的。
・・・って今度は 使者 v.s. 使者ですか!?そんなことできるのか(違反っぽいけど)
がんばれナナちゃん&ロージー!

D.Gray-man
何かを吹っ切ったような笑顔で笑うリナリーがとても印象的。
それにしてもこれはなんか洒落にならない事態なんじゃ・・・。
ミランダを守っている船員さん達、あそこで笑えるってすごく切なくなります。
個人的にはクロちゃんって呼び方好きだなかわいいよ。

銀魂
青筋浮かせてる銀さんが大好きです。
とか思ってたら銀さんっ!!?えっ!?ええっ!!?ど、どうしよう・・・(動揺)
必死な新八にドキドキ かっこいいじゃねーかこのやろう! ・・・高杉さん!?

みえるひと
ひめのんがかっこいい&明神のギリギリな感じにドキドキしてみたり。
そして場の空気を全然読めてないガクが素敵。
墓って・・・ 君、長年連れ添った夫婦じゃないんだから(苦笑)
この話個人的にはとても好きだからこの位置でやってくれると怖いです・・・。

ネウロ
吾代がんばれ!

ノエインもうひとりの君へ

2005
10/14
*Fri*
深夜枠のアニメです。
最近色々と新しいものが始まったので気になったのをいくつかビデオとってみました。
これもそんなうちの一つだったのですが何気に自分の好みを狙い撃ちしたような話で正直びっくりしてしまいました。
予備知識全くなしだったから余計驚いたのかも。
冒頭から「ええ?どういうこと?」といった感じだったし。
なんだろう。
別次元(時空)の人が自分達の住んでいる世界に現れるといった感じの話?
家出しようとか龍の輪とか青い雪とかもうひとりの自分とか。
とにかく伏線はりまくりで話の内容にはいまいちついていけてない感じですが
おかげで続きがとても気になります。

そういえばパラダイスキスとガンパレード・オーケストラも面白かったです。
でもBLEACH以外という目で見た場合ですがやはり個人的にはこれが一番楽しみかな。
演出とか声優さんの演技とかが本当に自分好みなのです。
とりあえずこれだけはこれからもビデオとろうかな。


今日はちょっとあまりに理不尽なことを業後に言われたのでいつもならぐっと我慢するところを
我慢できなくて思わず反論してしまいました・・・自分もまだまだ青いな。
しかも本当は帰りにCD屋さんに寄ってこようと思っていたのにそれすら忘れてしまうくらいイライラしていたみたいです(寄ってくるのを忘れたのに今さっき気づきました)
CD屋さんには明日行ってこよう。

カレンダー

2005
10/11
*Tue*
CATEGORY : 漫画
世間的にはもう来年のカレンダーが出回ってるんですね。
まだ十月も始まったばかりなのに・・・。

というわけでBLEACHのカレンダーうっかり買ってきてしまいました。
集英社が出してる原作版のやつです。
いや表紙の一護さんと恋次と日番谷があまりにかっこよくてとかは単なる言い訳ですが。
まあ所詮BLEACHオタクなので(苦笑)
(でも本当に素敵なイラストなので機会があったら見てみてくださいとちょっとだけ宣伝)

それにしても自分久保先生のカラー本当に好きだなあ。
画集出してくれたら絶対買うのにな。
出してくれないかな。

WJ 45号

2005
10/10
*Mon*
CATEGORY : 漫画
今週のWJは土曜発売。
月曜休みのときは早く発売されるのって確かにうれしいのですけど
でも自分的には早すぎて「もう!?」と思ってしまいます。
最近色々と忙しいせいもあって自分的にちょっと余裕ないなあ・・・。

さて今週のWJの感想です。

BLEACH
198.
思わず様付けしたくなるような御大の様子に未だに軽く動揺してみたり(苦笑)
この人動作がいちいち演技がかっているのはわざとなのだろうか。
そして初めてあちら側の会話が出てきましたがこの中でも合う合わないはやっぱりあるのね。
そういえばギンとかって今どうしてるんだろう。
乱菊さんにどきどきしつつ指の狭間から見てる一護さんがえらいかわいい やっぱ男の子だな。
一護さん的には恋次は自分の家に泊まると思ってたとみた。
恋次が浦原さんに聞きたいことってやっぱりルキアと崩玉あたりのことですか。
ルキアはやっぱり一護さんの家・・・ってマジでそうなの!?ってことは家族公認?(笑)
たつきちゃんと織姫の様子に少し切なくなります・・・。
って、ちょっ・・・ケイゴ!?それは一体どういう?
なんか問答無用で巻き込まれてく感がとてもこわいです。
あなたいつから見えるようになったんですかってやっぱり一護に引きずられてるのかな。
これで千鶴とか水色とかまで見えるようになったらどうしよう・・・。
とりあえず一角&弓親、放っておかないで助けに行ってやってくださいと思ってみました。

NARUTO
サクラのあの涙はきっとこれがチヨバアの最期の言葉だと分かっているからなんだろうな。
チヨバアがサクラとナルトに向けて言った言葉には
チヨバアの願いが込められていて読んでいてちょっと切なくなります・・・。
そしてナルトと我愛羅の見せ方が本当にいいなあ!!
チビナルトが走っていくところか
一人で泣いている我愛羅の肩に手を置いて笑いかけるとか
それを実際の時間軸に重ね合わせるとか
あのシーンをまさかそんな風に使ってくるとは思ってもみなくて驚きました。
そして目を覚ました我愛羅が呆然と「ナルト・・・」とつぶやくのも
我愛羅を見るナルトの眼差しも
周囲を取り囲む砂の忍達も
それを見回す我愛羅の表情も
もう本当に好き。
岸本さんのこういった演出って本当に大好きです。
・・・あ。そういえばナルト誕生日おめでとう!

魔法律
このエピソードってナナちゃんが鍵を握るかもしれないなあと思ってみたり。
それにしてもナナちゃんを結界から弾き飛ばして自分がその結界をのっとるか。
すげーな五嶺。
対決相手の結界を奪うなんてよくもまあ恥ずかしくないもんだとそれに感心してしまった。
倒れているナナちゃんに思わずドキドキしてるエビスがかわいい。
ああでもいくら切羽詰ったからって陣が未完成の状態で術を発動するのはとても危険なんじゃ・・・
そこまでして五嶺に仕えたいのか、というより五嶺に見放されたくないのかな。

ONE PIECE
回転ドアってそんなことも出来るんですか!?というかどういう構造になってるんだろう。
「約束したんだ」って・・・うわー・・・切ないです・・・。
ゾロとサンジがかっこいいというかこいつらのこういうところがとても好きだ。

ネウロ
登場人物紹介のところに書いてあるヤコの好物に毎週笑ってしまう。
私的にはヤコの胃袋が一番の謎だよ一体どうなってるんだろう。

D.Gray-man
とりあえずラビが死ななくてよかった。
先週の終わり方がマジでやばげだったから今週何気にドキドキでした。
って思ってたら今度はブックマンですか!?うわーどうなんだろう・・・。

BLEACH 53話

2005
10/08
*Sat*
CATEGORY : アニメBLEACH
今週のアニメの感想(後半戦)

そういえば前半の冒頭で今までの簡易ダイジェストが入ってましたけど
あれ見て放送時間枠が変わったんだなあと実感してしまいました。
本当に一番最初からだったので一瞬「もしかして初めの15分ずっとこれなんじゃ・・・」と思ってしまいましたが、結構簡潔にまとめてくれたのでさすがといった感じです。

というわけで後半部分の感想。

ギンのルキアいじめすごいなあ。
嘘とか聞いてるこっちがどうしようかと思うよ。
ルキアの叫びがつらいです。
それにしても「死なせたない人おると急に死ぬん怖なるやろ」って言葉がなんか意味深に聞こえるのは私だけですか?この人過去に一体何があったんだろう・・・。

剣八の思考に現れるやちる達がかわいかった!
剣八ってまとってる空気からしてかっこいいというかああいった笑い方とか本当に似合うなあ。
理屈なんてぬきにして常に自分に正直に生きてる人の持つかっこよさってドキドキしてしまう。
それにしても強いな!そしてとても楽しそうだ。

要さんにとっての正義とはどういうものなのだろう。
私が正義そのものになろうという姿は一部の迷いもなくて
あくまで自分の信念のために戦っている姿はとてもかっこいいと思うのですが
でも正義って人によって違う姿をまとっているものだから
要さんが望む正義って、平和って一体なんなのかなとどうしても考えてしまいます。
卍解が破られた後の狛村との会話がいいなあ。
「・・・解っておる」とかドキドキしてしまう。

それと今週の弓親はどれも好き。
3という数字は一角のものだからね、なんてことをさらっと言えてしまうところがすごいですよ。
そういえば一角と弓親のコンビって見ててとても楽しいし
弓親の態度見てるとなんか無駄にほほえましくなってしまいます本当にかわいいなあ。


さて来週はアニメお休みみたいですね。
ちょっとさみしいですが再来週を楽しみにしときます。

BLEACH 52話

2005
10/07
*Fri*
CATEGORY : アニメBLEACH
アニメの感想(前半部分)

少し遅くなりましたが今週のアニメの感想でも。

前半は六番隊対決。
なんか色々とすごかったです。
恋次の卍解のカラーああなのかと少しびっくりしましたがまあそれはそれとして
ここでの恋次と白哉兄とのやり取りはどれも凄く好きです。
「それがどうした こっちはそんなこと解った上で来てるんだよ」
とかこういうところにも恋次の覚悟みたいなものを感じてしまって大変でした(苦笑)
兄様の卍解はやっぱり綺麗。
それにこの人は本当に「朽木隊長」だなと思ってみました。
格が違うと言うのはそう言えるだけのものをこの人が色々抱えているからで
朽木家というものを、六番隊の隊長という地位を背負っているからで
その上そういえるだけの実力があるという事実は何気にすごいことなんじゃないかなあと思ってみたり。あとはそうあろうとしているのもあるのでしょうけど。
ってなんか思わず語ってしまいましたが
つまるところここでのやり取りは二人にとってはとても意味があることで
兄様って今回のこのエピソードで初めて恋次のことを認めたんだろうなあとか
なんか六番隊って二人の不器用さ加減がホント好きだなと思ってしまいます。

あとはとにかく声をそろえて「俺の魂にだ!!」とか本当に勘弁してください・・・。
自分のバカさ加減はよく知っているのですけどそれにしたってあれは心臓に悪かった。
コミックス読んだときも相当動揺しましたが
声つくとホントやばいなー(森田さんも伊藤さんも大好きだから余計ドキドキしてしまう)

指一本すら動かせないと思ったときに不意に一護の姿を、言葉を、想いを思い出して
誓ったんだと、あの笑みを纏うとか
立ち上がって朽木隊長をまっすぐ見るとか
うわ―・・・これを一恋と言わずして何を言うのですかという勢いですが
それにしても恋次って一護さんに影響されすぎですよ。
もちろんそんな恋次が好きなのですが(笑)
でも今回の一件に関しては一護さんに最後の一押しをされたって感じなのかな。
ルキアに関してはそれこそずっと思いつめていただろうから。

弓親の言葉がとても印象的でした。
 解くことより結ぶことのほうがずっと難しいんだ
か・・・。
本当にそうですよね・・・。色々と難しいです。

それにしても恋次本当によく死ななかったな。
アニメあれはさすがに死んでもおかしくない勢いの出血量でうわー・・・って感じでした。
卯ノ花隊長とか花太郎&理吉とかなんか四番隊様様だなあ。


・・・長くなったんでやっぱり一旦切ります。。。後半戦に関してはまた後日ということで。

BLEACH 19巻

2005
10/05
*Wed*
CATEGORY : 漫画
ずっと ずっと 声にできなかった言葉

言葉の裏に隠された 本当の願い


BLEACH 19巻 ちゃんと発売日に買ってきたのですけどいろいろあって読んだのは今日だったり。
そんなこんなで19巻の感想です。

LONG WAY TO SAY GOODBY がすごく好き。
ここに来るまでの演出があってその上でこの展開だから本当にすごいと思ってしまう。
砕蜂さんの回想シーンもラストの涙もホントによいなあ大好きです。

あとはとにかく一護さんと兄様ですけど一護さんの卍解シーンがコミックスでも本当にオールカラーで編集部さすが!と思ってしまいました。
このシーン本誌で読んだときもすごいと思ったのですがこうやってまとめて読むと本当にハンパないなあ。一回読んでるのにそんなの全然関係なくドキドキしてしまってびっくりでした。
うわー本当に一護さんカッコいい・・・なんか困ってしまうよ(苦笑)一護さんって確かに見た目も好きですがそれ以上に想いの強さとかそういうところにホントやられます。BLEACHって基本的にそういうキャラが多くてだからここまで好きだってのもあるんだろうなあ・・・。
それにしても「出せよ卍解」とか『天鎖斬月』とか「奇跡は一度 だったよな」とか etc...
その上兄様が一護さんに向かって声を荒げたりするとかもう反則的な気がするのは私だけ?
卍解~「名前なんか無えよ」あたりの流れとか本当に目が離せないです。
白崎くん(内なる虚)関係の演出とかもここでそうくるかとえらい驚きましたよ。
この人(?)本当に強いというか強すぎだなあと思ってしまいます。
あと『消えるんだ』の見せ方がホント好き。
それに 何の為にここまで来たんだ!! とか 勝たなきゃ何も 変わらねえんだ・・・!! とか
ここにくるまでの過程があってそれらの上に今この展開があるわけで
そう考えると本当にぐっときます・・・。

あとはやはり兄様の表情の変化かな。
一護さんと戦う中で少しずつ変化していく様とか見ていてドキドキしてしまう。
それと共にまとっている空気が変化していくのが伝わってくるところとか本当にすごい。
兄様って一護さんとは違った意味でとてもかっこいい人だなあ。

それとこの巻の織姫の言葉ってなんかすごく印象に残っていて
「世界を変えた人だから」あたりとか
「だから全然・・・ 全然 危なくなんかなくて・・・ ただ・・・
 ・・・ただ・・・黒崎くんのことが・・・ ずっと心配だっただけで・・・」のくだりとかがすごく好き。

それ以外にも日番谷の『どうして気づかなかった・・・!』とか
イヅルの言葉とか想いとか
ラストの「いらっしゃい 雛森ちゃん」とか
・・・って市丸隊長、背後から耳元にそれは絶対やばいって!!

ああでも今回 168. Behind Me, Behind You まで収録してくれたのは本当に嬉しかったです。
演出的にもドキドキですよホント!!

アニメBLEACHのOP

2005
10/05
*Wed*
CATEGORY : アニメBLEACH
今週からアニメのOP&EDが変わりました。

というわけでちょっとこれだけ書かせてください。
アニメの感想はまた落ち着いたら書きます・・・。
というわけで。

な に あ の O P !!?
・・・・・・・・・し、死ぬかと思った・・・(撃沈)
今回のOP、自分的には冒頭と終わり方が本当に洒落にならんかったです。
冒頭の主要キャラの演出むちゃくちゃかっこいいなあと思ってたら
そこで白崎くんを出してきますか!?
まさかあのタイミングでそんな演出してくるとは思ってなかったので不意打ちもいいとこです。
実際問題としてこの演出はとてもうまいと思うし
すりかわる様とかタイトルへのつながりとか本当にすごいなあと思ったのですけど
でもやっぱり見てて凹むというか怖くなってしまうんだって私が!・・・すみませんバカで。
こんな調子で毎週まともに見れるのだろうか・・・。

それにしても冒頭のみなさんの演出は本当にかっこよくてドキドキ。
全員カッコよく見えるような演出をするってすごいと思います。
そういえばさりげなく藍染隊長もいましたね。
アニメこの辺りの演出本当にうまいなあ・・・なんか尊敬してしまいます。

終わり方はまあ自分が先の展開を知ってるからなんですが・・・。
というかこの程度の演出でここまで動揺するのってどうなの自分と思わないでもない。
なんかまともにアニメ見れるのかちょっと不安になってきた・・・。

それ以外も今回は卍解シーン多かったりして見所満載です。
紅葉をバックにした春水さんと浮竹さんとか本当に好きですなんて似合うんだ!
一護さんv.s.白哉兄とかもコミックス的にタイムリーだったりして相乗効果でドキドキですよ。
市丸隊長の演出うまいなあ。
あと織姫の表情ががすごくかっこよくてびっくりでした。

個人的には前回のOPの方が純粋に楽しめるのでそういった意味では前のほうが好きかも。
あの日番谷の演出は本当にすごかったし。
いやほら今回のOPは自分的に凹みどころがあるので純粋に楽しめないというかなんというか・・・。
もちろんそういう演出してくるところも好きなのは確かなのでどうしようもないですが(苦笑)


EDは現世組がメイン。
OPがほぼ完全に尸魂界組だからバランス的には丁度よさげ。
というかこうでもしないと現世組ぜんぜん出てこなくなっちゃうしなー。
EDは基本的にこういった路線ですよね。
平和でかわいくてこれはこれで好きです。


それにしてもアニメそろそろコミックスに追いつきそうですがどうするのかな。
さすがに追い越すことはないと思うのだけどちょっと気になります。

WJ 44号

2005
10/04
*Tue*
CATEGORY : 漫画
最近BLEACHがWJで大体二番目くらいにあるから心の準備が出来てなくて焦ります・・・。
とても嬉しいのですけどでもそんな上じゃなくていいですよ。
自分的には三番目か四番目くらいの方が落ち着くのですけどというか
心構えしてない段階でBLEACHキャラ見ると思わず本誌閉じたくなるんですけどどうしましょう?

というわけで今週のWJの感想です。

BLEACH
197.
今週は乱菊さん一角で遊ぼうの回みたいだなあ。
「やちるに~」とか「電球と~」とかさすが乱菊さんとそんけーの眼差しで見てしまった。
というか今週は基本的に乱菊さんスペシャルな感じで色々と楽しかったです。
『ぼんくら』発言にいちいち突っ込む日番谷が好きだ。
部屋での一護さんとルキアの会話がかわいすぎというか君達本当に仲いいなあ。
聞き耳立ててる一心パパと遊子ではないですけど私がドキドキしてしまいますよ。
恋次達どうやってそこに入ったんですかというか、なに普通に人の家壊してるんですか(笑)
ルキアのメガネありな隊長イラストが無駄にかわいくていいなあ。
そういえば今回のメンバの選抜方法が判明しましたが恋次が一角を選んだのか!
うわーなんかドキドキしてしまう やっぱり基本は十一番隊ってことなのかしらん。
ってか「銀髪の小学生」って・・・!!
しかもわざとじゃなくて素で言ってませんか!?なんかえらい動揺してしまったじゃないですか。
乱菊さんがかわいいですというか日番谷っていじられキャラだなあそんなとこも好きだ。
それにしても日番谷本当にネクタイ似合うなあなんでこんなにかわいいんだろうと思いつつ
色々な新事実発覚にうわーやっぱりそうなのかと思ってみたり。
ということはウルキオラは一応最上級の組に属しているのかしら。
久保さんって本当に期待を裏切らないというかラストそうくるか!やるなあホント

NARUTO
決めるとこはきちんと決めるカカシ先生がカッコよいです。
相当負担かかってそうですけど・・・。
ああでもそんなことよりあれです。
我愛羅のために泣き、叫び、怒る
ナルトのこういうところ本当に大好きで。
「我愛羅が何を思ってたか」とか「偉そーにそんな言葉造って呼んでんじゃねぇ」とか
その上見開き一ページ使ったナルトの泣き顔ですよ!?
あ―・・・これは本当にヤバイわって思ったさ。
その後も本当に血を吐くような叫びでサスケのことも我愛羅のことも助けられないのかという姿とか本当に慟哭だなって思った。
今回のナルトの言葉は全部ずっと思ってきたことなんだろうなあ・・・。
今週の話は本当に演出がよくてナルトの言葉は聞いていてつらくなってしまいます。
ナルト本当に大好きだ。

あとはチヨバアの「やらなければならないこと」って本当に我愛羅の蘇生で
なんかこの展開は素直にありがとう!!!って思いました。
自分的には我愛羅が死ぬのはやっぱり認められないというかいくらなんでもつらすぎるので、チヨバアの命と引き換えにというのはあれなんですけどでも本当に我愛羅が助かりそうでよかった。

そういえば

2005
10/02
*Sun*
CATEGORY : 漫画
「もうじき出るBLEACH19巻の表紙、卍解バージョンの一護さんだっけ」

と思いながらぼーっと本棚見てたらなんとなく一巻を手にとってしまって

「そういえばこんな表紙だったなあ」

と思いつつ表紙をめくってびっくりでした。
第一話のタイトルが Death & Strawberry だったんですね。
一護さんをStrawberryと表現しているのって結構好きだからこのタイトルも見た記憶はあったのですけど、まさか第一話がそうだとは思ってなかったです。
その上で先々週のWJのタイトルが Death & Strawberry で、その副題が Reprise なのかと思ってなぜかすごく動揺している自分がいました。
なんでタイトルでこんなにドキドキしてるんだろう自分(苦笑)

で、うっかりそのままの流れで3巻まで読み返してみたり。
それにしてもこの辺りって今読むとまた違ってみえて新鮮な感じがするものだなと思いました。
それにやっぱり今のWJの展開はいろいろと考えちゃうところがあるなあという気がします。
もちろん今の展開もそりゃあ面白いですけど
なんていうかちょっとつらいなあという気がしないでもないです。
といいつつも明日のWJがとても楽しみだったりして。
ああもう好きだってのは時々とても厄介で困りますよまったく。

そうそうコミックス19巻も明日発売かな。
これは一緒に買ってこねば!

10
1
3
6
9
12
13
15
16
17
20
22
23
24
27
28

カレンダー

09 « 2005/10 » 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 


プロフィール

唯

Author:唯
愛知県在住。
アニメとか、漫画とか、声優さんが好きな社会人。

メールフォーム

 


 


 


 


 


 


 


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 


ブログ内検索

 


Copyright © BLUE FOG All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。