--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ 45号

2010
10/10
*Sun*
CATEGORY : 漫画
今週のジャンプBLEACHの感想です。

BLEACH
423. Farewell Swords
裁判のために藍染さんの封印を解いたのか。
まずそれにびっくりしてしまった。
本当にきちんとした法治国家(?)なのだなあ。
そして藍染さんはこの状況にも関わらずどこまでもふてぶてしい。
二万年って想像もつかないけど
でもこれだけのことをした死神に対して無期じゃないんだ、とそっちにも正直驚いた。
まあ、この長さを考えたらある意味無期みたいなものかもしれないけれど
でも極論を言ったら二万年したら出られるんだよね?
そして藍染さんは「不死」なんだよね?
う~ん・・・。
四十六室も前回の一件で全員顔ぶれが変わったはずだけど
相変わらずイメージが変わらない(苦笑)
これはもう体質なのかな。
あっさりと藍染さんの挑発に乗っちゃうような人達(気持ちは分かるけど)で
本当に大丈夫なのかしらん、と余計な心配をしてみたり。

総隊長と剣八・兄様・春水さんのやり取りには思わず笑っちゃいました。
特にここで立て替え云々の話を持ち出す兄様にときめきが止まりません。
「邪魔」「安物」「お洒落?」
総隊長の血管のぶち切れる音が聞こえてくるようでした(笑)
確かにこのメンバーをまとめられるのは山爺しかいないと思います。
それに思った以上に元気そうで本当に良かった。
左腕は失ったようですが、二番隊以下一癖も二癖もある隊長達を前にしたら
おちおち休んでもいられなそうです。

乱菊さんの独白には切なくなってしまいました。
この二人は本当にどこまで相手のことを想い合ってるんだろう。
ほんと、どうしてこんなことになっちゃうんだろうなあ。
ギン、助からなかったんですね・・・。
どうしようもないことかもしれないけれどこういうのはやっぱり辛いよ。
ギンを想って静かに涙を流す乱菊さんの姿には胸が苦しくなりました・・・。
でも乱菊さんならきっとまた前に進めるんだろうな。
彼女はそうあろうとする人だろうから。

そしてラストは一護達。
織姫が相変わらず可愛くてきゅんときました(笑)
一護も一時はどうなることかと思ったけど普通に元気そうで一安心。
先週のあれは死神の力を失う際の第一段階だったみたいだね。
そしてルキアの説明を聞きながら一護は本当に力を失っちゃうんだな、と。
外に出て、周囲を見渡して、ルキアの気配も少しずつ薄れていっていることを感じて。
それが私の中にも実感として降りてきました。
確かに私は一護にもっと平和な高校生活を送らせてあげたいと思っているけれども
それはそれとして、こういうのはやっぱり寂しいなと思ってしまいます。

あとはもう久々の一ルキっぷりに心から萌えさせていただきました。
    お別れだ 一護」と言うルキアに
少し寂しそうな表情で「・・・・・・そうみてえだな」と返す一護。
いつも通り軽口をたたきあって、けど目の前まで来たらお互い俯いて言葉を失くして。
この時の二人の雰囲気が本当に堪らなく良かったです。
最後に見つめ合うところがまた・・・!!
なんかもうこれだけで生きていけるわ、と思った瞬間でした。
これが永遠の別れにはならないような気もするけど
   じゃあな ルキア」と告げる姿も
「ありがとう」と空を仰ぐ姿もとても印象的でした。


そして次号から2話連続でお休みみたいですね。
再開予定はWJ48号とのこと。
久保先生が2週連続でお休みなんて本当に珍しいと思ったんですが
きっと別の仕事も色々と入ってるんだろうな。
ちょっと、いや、大分長いですが3週間後を楽しみにしていようと思います。

COMMENT

唯さん、こんばんは!

今回は判決を言い渡されても相変わらずふてぶてしい藍染さんの姿にこれでこそ藍染さんと何だか嬉しかったです。四十六室は相変わらずでしたね(苦笑)そして山爺の元気そうな怒鳴り声も懐かしくて嬉しくなりました。山爺元気そうで良かったです。3人の隊長さんとのやり取りが可笑しくて堪りませんでした(特に兄様の天然ぶりにはきゅんときました)
そしてギンが・・逝ってしまいましたね(涙)ギンを想う乱菊さんの涙には切なくて堪りませんでした。想いあう2人なのにどうして、と想わずにはおれませんでした。そして一護とルキアの別れも切なくて寂しかったです(><)お互い俯いて言葉を失うシーン、私も良いなと想いました。口には出さない2人の想いが伝わってくるようでした。次回まで長いですが余韻に浸りつつ待ちたいと想います。それでは☆
2010/10/11(月) 01:44:20 | URL | しろちび #- [Edit
死刑じゃないの不死だから。首はねようが霊子レベルで体を分解しようが再生するから。無月で倒せなかったのもそれゆえ。ある意味DBのセル以上にやっかいw 無期じゃないのはソウルソサエティは魂の転生のための場であって
無期刑という概念が元より存在しないから。まぁ神々の魂さえ薄れるほどの時間ですが、2万年は・・・
2010/10/11(月) 14:52:58 | URL | あやぽん #IKAbWj0g [Edit
しろちびさんへ。

しろちびさん、こんばんは!コメント&TBいつもありがとうございます!
どんな状況でも藍染さんは藍染さんだなって感じでした(笑)確かにこれでこそ彼ですね。山爺も元気そうで嬉しくなりました。三人の隊長さん達とのやり取りも面白かったですね!なんかもう読みながら思わず顔がゆるんでしまいました。天然な兄様はほんときゅんときます(笑)
そしてギンは逝ってしまいましたね…。乱菊さんの気持ちを思うと私も切なくてしょうがなかったです(涙)そして一護とルキアも。お互い俯く姿も、見つめ合う表情も、二人の想いがあふれているようですごく切なくなったと同時に本当に良いなと思いました。次回はだいぶ先ですが、私もこの余韻に浸りながら待っていようと思います。それでは☆
2010/10/11(月) 20:18:18 | URL | 唯 #dfjPnhEI [Edit
あやぽんさんへ。

あやぽんさん、はじめましてこんばんは。
私も死刑は無理というかありえないんだろうなと思っていたので、安直に無期かなと思ってしまいました。
そういえば尸魂界ってそういう場でしたね。不死という存在が許されるなら流転もへったくれもない気もしますが(苦笑)無期刑という概念が存在しない、というのにはなるほどな~と思いました。まあ2万年というのも実際法外な年月だとは思いますし、妥当なところなのかもしれません。
2010/10/11(月) 20:34:00 | URL | 唯 #dfjPnhEI [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

戦い終わって、藍染さんは刑を言い渡され兄様達は山爺に怒鳴られ(笑)一護も現世に戻ってきました。やっと平和な日常に戻れたのはとっても嬉しかったのですが寂しい別れも待っていました。
2010/10/11(月) 01:15:30 | なまけものお昼寝記 [Del


11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

カレンダー

10 « 2017/11 » 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 


プロフィール

唯

Author:唯
愛知県在住。
アニメとか、漫画とか、声優さんが好きな社会人。

メールフォーム

 


 


 


 


 


 


 


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 


ブログ内検索

 


Copyright © BLUE FOG All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。